スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池上彰が慰安婦問題で朝日新聞に謝罪要求 朝日いじめの一環か!?

1: ドラゴンスクリュー(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 04:18:04.71 ID:OJI3zu3T0.net
sssp://img.2ch.sc/ico/pc3.gif
(池上彰の新聞ななめ読み)慰安婦報道検証
2014年9月4日03時00分

 過ちがあったなら、訂正するのは当然。でも、遅きに失したのではないか。過ちがあれば、
率直に認めること。でも、潔くないのではないか。過ちを訂正するなら、謝罪もするべきではないか。

 朝日新聞は、8月5日付と6日付朝刊で、「慰安婦問題を考える」と題し、自社の過去の
慰安婦報道を検証しました。これを読んだ私の感想が、冒頭のものです。

 6日付紙面で、現代史家の秦郁彦氏は、朝日の検証について、「遅ればせながら過去の
報道ぶりについて自己検証したことをまず、評価したい」と書いています。これは、その通りですね。

 しかし、今頃やっと、という思いが拭い切れません。今回の検証で「虚偽」と判断した人物の
証言を掲載してから32年も経つからです。(※中略)

 今回の検証特集では、他紙の報道についても触れ、吉田氏の証言は他紙も報じた、挺身隊と
慰安婦の混同は他紙もしていたと書いています。問題は朝日の報道の過ちです。他社を引き合いに
出すのは潔くありません。

 今回の検証は、自社の報道の過ちを認め、読者に報告しているのに、謝罪の言葉がありません。
せっかく勇気を奮って訂正したのでしょうに、お詫(わ)びがなければ、試みは台無しです。

 朝日の記事が間違っていたからといって、「慰安婦」と呼ばれた女性たちがいたことは事実です。
これを今後も報道することは大事なことです。

 でも、新聞記者は、事実の前で謙虚になるべきです。過ちは潔く認め、謝罪する。これは国と国との
関係であっても、新聞記者のモラルとしても、同じことではないでしょうか。(※以下ソース)
http://www.asahi.com/articles/ASG935H4GG93UPQJ008.html

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409771884/


2: ドラゴンスクリュー(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 04:19:17.77 ID:OJI3zu3T0.net BE:545512288-PLT(15444)
sssp://img.2ch.sc/ico/pc3.gif
>>1の続き


(池上彰の新聞ななめ読み)慰安婦報道検証
2014年9月4日03時00分

■池上さんと読者の皆様へ

 今回のコラムは当初、朝日新聞社として掲載を見合わせましたが、その後の社内での検討や
池上さんとのやり取りの結果、掲載することが適切だと判断しました。池上さんや読者の皆様に
ご迷惑をおかけしたことをおわびします。

■池上さんのコメント

 私はいま、「過ちては改むるに憚(はばか)ることなかれ」という言葉を思い出しています。
今回の掲載見合わせについて、朝日新聞が判断の誤りを認め、改めて掲載したいとの申し入れ
を受けました。過ちを認め、謝罪する。このコラムで私が主張したことを、今回に関しては
朝日新聞が実行されたと考え、掲載を認めることにしました。
http://www.asahi.com/articles/ASG935H4GG93UPQJ008.html



ネットの普及と共にいわれなき朝日新聞いじめがひどいね。
一方、政府ご用達の読売やネトウヨ御用達の産経の不祥事には知らん顔。
日本において日本側に立たないメディアはこうなりますよ。という一例になってしまった。
このまま朝日が圧力に屈したら日本に言論の自由の範囲が又狭くなる
TVタックルでもやってた、アニメ規制とも共通するね。
最近では、ヘイトスピーチ規制にかこつけて国会前のデモも禁止したりしてたからね。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140828/stt14082813150003-n1.htm
一つでも規制に賛成してしまったら、後はなし崩し的に解釈拡大が起こる。
それが分からないからネトウヨやってんだろね。

後、日本では慰安婦があったか無かったかとかいう低次元で話てるけど
世界では、慰安婦があった前提で物事話してるからね。
慰安婦を認める前提で物事を展開したら日本人のアイデンティティーが崩れるから
その辺はなけなしの努力といった所か。

日本軍による慰安婦の一例 オランダ人慰安婦 白馬事件
http://www.awf.or.jp/1/netherlands.html



テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

AD
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。