スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やしきたかじんさん、在日韓国人2世だった 部落出身のジャーナリストが発言

1: アイアンフィンガーフロムヘル(アメリカ合衆国)@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 22:10:02.63 ID:ZA/zb8BL0
sssp://img.2ch.sc/ico/folder1_01.gif
やしきたかじんさんの隠された出自とは~あるジャーナリストの覚悟
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-00000067-dal-ent
なるほど、ただの評伝ではなかった。小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞し、
9月11日に小学館から出版される「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」のことだ。
著者は大阪在住のフリージャーナリスト、角岡伸彦氏。自身が被差別部落出身であることを公表し、
単行本ではデビュー作「被差別部落の青春」(1999年、講談社)から、2011年に講談社ノンフィクション賞を
受賞した「カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀」まで、足元からの目線で一貫して『差別』と向き合ってきた。
その角岡氏が初めて芸能人を描いた。なぜ今回は、『やしきたかじん』だったのか‐。
その内容は期待にたがわず、タブー視されてきたカリスマの“出自”に踏み込んだものだった。
(中略)
8月末に都内で行われた贈呈式に伺った。角岡氏はツボを押さえた漫談調の関西弁トークで東京の業界人を
沸かせ、落語でいう“マクラ”の部分だけで「受賞者あいさつ」の予定時間を越えてしまった。
選考委員の作家・椎名誠氏は「テレビでしゃべるとか、別の方向があるんじゃないですか?」と、なぜかタレント性
を評価(?)。それはさておき、壇上のスピーチは想定外の“延長戦”に入り、そこで本書の核心が語られた。
角岡氏が「やしきたかじんさんの父は在日韓国人1世で…」と、これまで公には語られてこなかった文言を発した瞬間、
会場の空気がキュッと引き締まった。さらに同氏は言葉を続けた。「(世の中で)あまり知られていないこと、
たかじんさんが隠していたことを書くということは、すごいプレッシャーでした。僕自身は部落出身ですが、人のルーツを
書く時はナーバスにならざるを得ない」。99年に死去した実父の周辺取材は難航したという。
今年1月3日のたかじんさん死去以降に取材を始め、応募締め切りが4月というタイトな日程。
さまざまな制約もあり、踏み込めなかった部分もあって大賞は逃した。

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1410181802/


芸能界やスポーツ界には在日が数多くいるとはよく聞くよね。
それだけ在日が反骨心があるという証拠だね。

たかじんさんも色々思うところがあっただろうし、その生き様には大変感心いたします。

たかじんさんのご冥福をお祈りいたします。



関連記事

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

AD
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。